« アルパ入門(その2) | トップページ | アルパゴン。ALPAGON »

アルパ部品等(その1)

病膏肓に入る(やまいこうこうにいる)
膏肓とは、体の中で注射もできず、薬も効かない狭い場所の事ですって。心臓
の下とか、横隔膜の上らしいです。ここでは、「好みや癖が、救いがたいほど深
いこと。趣味にのめり込んで抜き差しならない状態」という意味で使います。


で、「アルパ膏肓に入る。。。」>体内にアルパは入らないでせう?

こんなモノをわざわざ海の向こうから、オークションで競り合って、高いお金&
送料を支払って購入している私の事である。

以下、御笑照覧あれ。

P3020015

P3020013

↑アルパ6Cの軍艦部分です。ブラックです。フィルムカウンターも付いてます。
こんなのを欲しがるのは、よっぽど変なヒト(<私)ぐらいですよ。
安ければともかく、ネットオークションで日本円換算:参萬五千円以上ですから
ね。。(自爆)



P3020022

↑アルパ11eの軍艦部分です。以下同文。こっちはちと安くて壱萬六千円位。
(反省)





Ea_1_b

↑以前に書いたことがある、アルパの「耳」(アルパ10d以降に使う、「スト
ラップ取付金具」)です。壱萬円位。(平然)





Alpa_strap_1_1

↑純正の紐付きの「耳」です。これは珍しいかも?です。弐萬円ですた。(微発熱)



まだまだ有るんですよ。。(続く)

|

« アルパ入門(その2) | トップページ | アルパゴン。ALPAGON »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルパ入門(その2) | トップページ | アルパゴン。ALPAGON »