« アルパ6c取説(スプリットマイクロ) | トップページ | アルパ6c取説(カメラの持ち方) »

アルパ6c取説(フィルム装填)

◎フィルムの装填方法

Dsc06860

↑フィルム装填方法の説明写真。右手にフィルムを持って、まず巻き取りスプロールにベロ部分を挿入します。。
*アルパ6cは裏蓋がバコット(全部)外れる構造です。>ニコンFと同じ。。(^.^)

Dsc06861

スプロケットにフィルムの小さな穴(パーフォレーション)がしっかりと掛かっているのを確認して、フィルム本体部を左側に納めましょう。。*この写真では、専用パトローネを使ってますが、もちろん普通の市販35ミリフィルムも使えます。

**左手親指がシャッター幕に触れないように、注意!

Dsc06862

↑裏蓋をしっかりと閉めて、フィルム装填完了。。

Dsc06869

↑初期型のアルパ6cは、フィルムカウンターが自動リセットしません。。
 シャッタースピードダイヤル後ろのボッチ(O)を押すと、リセットされます。
 空シャッター切って、ゼロまでカウンターを進めます。この時、巻き戻しノブの回転を確認するクセをつけておきましょう。

 

|

« アルパ6c取説(スプリットマイクロ) | トップページ | アルパ6c取説(カメラの持ち方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルパ6c取説(スプリットマイクロ) | トップページ | アルパ6c取説(カメラの持ち方) »