« アルパ6c取説(フィルム装填) | トップページ | アルパ6c取説(シャッタースピード) »

アルパ6c取説(カメラの持ち方)

◎カメラの持ち方(構え方)

Dsc06863

↑アルパの構え方。(皮ケース使用時)
 右手の薬指と小指がポイント?

Dsc06864

↑縦位置で皮ケースを使わない場合。
 左手の指使いが相当、違いますね。

Dsc06865

↑横位置で皮ケース使用時です。
 左手の人差指&中指でレンズを挟んでます。

Dsc06866

↑横位置で皮ケース使わない場合。
 一般的な持ち方ですね。。

実際に使ってみると判りますが、、アルパ6cは構えにくいです。

シャッターを切ると、大きなシャッターダイヤルがグルッと回転します。
ここに触れてはいけません。

やはり、この写真の通りに構えるのが一番、ブレが少なく、安定します。

(皮ケースは持っていないので、皮ケースを使わない場合のみ確認済)

それにしても、、皮ケースの有無で構え方を個別に説明してる取扱説明書って、他にもあるのでしょうか。。。??

こんな所にこだわるのって、アルパらしいなあ。と思います。

|

« アルパ6c取説(フィルム装填) | トップページ | アルパ6c取説(シャッタースピード) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルパ6c取説(フィルム装填) | トップページ | アルパ6c取説(シャッタースピード) »