(5)オートスイター50mmF1.8

レンズカタログ。その5は「オートスイター50ミリF1.8」です。

005_1

*
↓クリックすると拡大画像が見れます。

05

*本当は、このレンズが発売される前にも同一名称の「SWITAR 1:1.8/50」があるのですが、↑のスイターは「外部連動の自動絞り装置(シャッターが切れる瞬間だけ、絞り込まれてるようになっていて、通常は開放絞り状態でファインダーが見れる)」付きなので、「オートスイター」と呼んで区別しています。レンズ本体にはAUTOの文字は有りません。

***以下、アルパブックp87より引用***
 1955年に、シャッターボタンに連動する外部連動自動絞りになり、1966年まで作られた。製造数は5785本。レンズ構成はマニュアルのスイターと同じ5群7枚であり、全長43mm 、重さ170gと若干重くなった。フィルター径サイズAに対応している。
 自動絞りのため、絞り羽根が9枚に変更された。銀塗装仕上げで、1本のみ黒塗りが生産された。
 アルネア型後期から、bモデル、6c、9dまでの標準レンズとしてマクロスイターと共に提供された。
***引用終わり***

いよいよ?でましたスイター。
カタログに
"exceptional quality with apochromatic correction"との記述があります。
直訳すると「アポクロマート(3色収差補正)による特別な品質」でしょうか。

私もよく判っていないのですが、光には色々な波長がまざっているそうで、レンズでその光を屈折させてフィルム面にピントを合わせる時に、波長によって微妙に屈折率が違うんですと。
なので、画像がぼんやりしたり、点光源の周辺に虹のような色が付いて見える事があるそうです。これを「色収差」と言うんだそうです。。

で、光の三原色、「赤」「緑」「青」のうち2色について補正したものを「アクロマートレンズ」といい、3色すべてを補正したものを「アポクロマートレンズ」というんですって。

自動絞りになる前の「マニュアルのスイター」が発売されたのは1951年。
その当時としては、そしてその後も、、スチルカメラ用の50mm標準レンズで「アポクロマート」はこのスイター(マクロスイター)だけだった。と言う事らしいです。。

通常、アポクロマートが必要となるのは、望遠鏡、顕微鏡、映画用レンズ等、
拡大倍率が大きいもの(それだけ、色収差が目立つので)であり、スチルカメラでは望遠レンズ使用される場合がほとんどかと。。

この件については、長くなりそうなので、次回(マクロスイター)に続きます。

今回は、ここまでです〜。

| | コメント (0)

(4)マクロキラー40mmF2.8

レンズカタログ。その4は「マクロキラー40ミリF2.8」です。

004

***

04


***以下、アルパブックP118より引用***
1958年に、F3.5からF2.8に設計しなおされ、プリセット絞りとなった。シリーズ246(モデルE)は2分の1倍まで接写できるシングルヘリコイドで1970年まで、シリーズ245(モデルD)は等倍まで接写できるダブルヘリコイドで、最後まで存在した。
***引用ここまで***

このカタログに記載されている英文にも、同様にモデルEとD、両方の説明がありますね。

| | コメント (0)

(3)クルタゴン35mmF2.8

もう1/6ですが、、、
本年も、よろしくお願い申し上げます。
さて、昨年から継続中のレンズカタログシリーズの続きです。

今回は、クルタゴン。

003

ドイツのシュナイダー社製です。

03

このカタログに掲載されているのは、前期型です。

Dsc06296

専用フードです。
これも数種類有るそうですが、私が持っているのはこれだけ。。

Dsc06297

では、今回はここまで。。(^.^)。

| | コメント (0)

(2)アンジェニー28mm/f3.5


002

02


アンジェニーの28mです。
アルパの広角レンズといえば、やはりアンジェニ−ですね。

ところで、この説明文の「This focal length is equally useful in underwater photography,allowing for the reduced angle of field under the water.」
って、どういう意味なんでしょう??
誰か、教えて下さい===(._.)M

| | コメント (2)

(1)アンジェニー24mm/f3.5

001

01

***以下、アルパブックp110より引用***
当時、スチル用としてはアンジェニー社最大画角の外部連動自動絞りの広角レンズ。

銀クローム仕上げと黒クローム仕上げがある。このアンジェニーの銀クローム仕上げはきめの細かい素晴らしい仕上げで、その形の美しさと相まって人気のあるレンズである。

絞り操作は通常の外周リングでなく、鏡胴上部にあるダイヤルで設定する珍しいタイプで、この24mmと共に、28mm、90mm、180mmの自動絞りのアンジェニーレンズの特徴となっている。また、この24mmと28mmにはフードが提供されていないが、逆光には比較的強いようだ。

1958〜72年まで製造され、総製造数は1180本。8群8枚、レトロフォーカスタイプ、最小絞りF22、最短撮影距離40cmである。サイズは全長60mm、重さ360g、フィルター径サイズDに対応する。アルパ以外に、エキザクタ用にも同型のものがある。
***引用終わり***

| | コメント (2)

レンズカタログ(1)

スイマセン。また紙モノです。
今回は、レンズカタログ。

Lenskatarogu01

↑表紙です。
4つ折りで、広げるとA3サイズ。
写真のカメラは6cの初期〜中期タイプだと思います。後期になると、シャッターダイヤルの所にテーパーがついて、操作しやすくなってます。。

| | コメント (0)

アルパ5bの簡易取説(その3)

その3。巨大画像が続いてゴメンナサイ。

(画像をクリックすると、写真全面が見れます)

Alpa5b3

紙モノが続いてますが、、、今回はこれまで。

| | コメント (0)

アルパ5bの簡易取説(その2)

続きです。同じく巨大画像サイズです。

(画像をクリックすると、写真全面が見れます)

Alpa5b2

| | コメント (0)

アルパ5bの簡易取説(その1)

アルパ5bの取説の巻末に添付されていた、簡易取説です。
今回はスキャナで3分割してみました。
注:画像サイズが巨大(400KB)です。
ご注意下さい。(画像をクリックすると、写真全面が見れます)

Alpa5b1

青い字で印字されていますが、、写真と被った所は見にくいですね。。

| | コメント (0)

アルパのカタログ(ストラップ)

ストラップ。

Dsc06713

上はアルパ10d以降、下はアルパ9d以前用でしょうね。

Dsc06714

カタログ、今回はここまでと致します。

| | コメント (0)